22歳専業主婦の料理教室体験告白

二十歳から始まった私の親によるお見合い話にうんざりし、
ある日料理教室に出かけるふりをしてそのまま家出をした。
それは初めてのことだった。
その後どうするのか決めることもせすに、ただ夜の街を歩いた。
王子様との出会いを夢見ていた。
でも、白馬に乗った彼が現れることはなく、現れるのは、札束を手にし
私を金と交換するような結婚をしたがるおじさんばかり。
親はそういう男と結婚することが、幸せだと思っている。
私の処女性を、おじさんが欲しがっているとなんとなく思う。

だからワンナイトの出会いでもいいから、そんな処女の私を壊したかった。
料理教室で得たものは料理の腕と女友達で、男との出会いはなかった。
男友達が一人もいない。彼氏もいない。

私は口座からおろしたお金を持ってクラブにいった。
ナンパの嵐だった。一人でいる女には声をかけやすいのだろう。でも怖かった。
男たちは酒に酔っているし、怖かったのだ。
そのとき、助けに入ってくれた男がいた。

男は彼氏のふりをして私をナンパ男から離してくれた。
「お前さ、一人でこんなとこに来てバカじゃないの?」

そう言って男は私と目を合わせた。
…その瞬間恋に落ちた。生まれて初めての一目惚れだった。
私は彼にそう言われたあと、思わず泣き出してしまい彼は慌てて
泣く私をなだめた。そしてそのあとクラブからバーに移動し
たくさん話を聞いてもらい、彼に呆れられ、少し叱られて、
その日は彼の家に泊めてくれた。一緒に一夜を過ごしたのに、何もなかった。
翌日、彼は家まで私を送ってくれた。なんとかこの縁を続けたくて
男の電話番号とアドレスを聞いた。
それから私は彼の心を射止めるために頑張った。初恋だった。

それがいまの旦那だ。

24歳独身男性飲食店勤務の神待ち体験告白

神待ちをする女の子たちというのは、本当に存在をするものなのか?
ずっとこの様な疑問を持っていたんです。
実際に、都市伝説の様なものであり、実在はしないのではないか?
この様な気持ちが強かったんです。
考えてみれば、確かに家出をする女の子たちは多くいると思いますけどね、しかし見ず知らずの男に助けて貰うというような女の子が存在しているものなのか?というのはどうしても信じられなかったんですよね。
あるテレビ番組で特集されたと言う事で、神待ちと言うことも有名になったようでありますが、しかし実在しているものじゃないんじゃないのか?ずっとこの様な気持ちを持っていました。
ですが、興味は凄く強くて本当だったら自分だって楽しめるだろう、若い女の子と知り合って楽しい時間を過ごしたいという気持ちは有りました。
それで神待ちを見つけてみようと以前サイト登録して残りのポイントの会ったハッピーメールを利用してみたわけです。
神待ち掲示板を見てみますと確かに女の子達の書き込みを見つける事が出来るのです。
自分は首都圏に住んでいると言うこともあるので、書き込みをしている女の子も多くいるみたいでした。
本当の書き込みなのか?業者とかサクラとか、そのような存在じゃないのか?と言う不安もあった訳ですが、とりあえずアプローチしてみようと思ってメール出してみたんです。
そうしましたら、1人の女の子から返信貰うことが出来たんです。
その女の子、18才で高校を卒業したばかりの女の子だったんです。
どうやら、将来の事が不安な気持ちになってしまって嫌になって、家出をしてしまったという話をしてくれました。
家出をしている女の子が困ることと言うとやはり、食事が思うように食べられ無いと言うのと、寝泊まりする場所を確保出来ないと言う事なのです。
彼女も、この様な部分を何とかしたいと言う事で、神待ち掲示板に書き込みをしたと話していました。
今一人暮らしで、ちょっと小ギレイなアパートに住んでいる自分なので、うまくいけば自宅に連れて行っている!と思いました。
直ぐに食事をする約束をメールでしてみたんですけど、どうやら彼女もお腹が空いていたらしくて、直ぐにOK のメールを出してくれたんです。
一通り食事が終わりますと、彼女も自分と落ち着いた様子になり色々とお話をすることが出来たんです、そしてその話の流れで「泊まるところがなかったら、今日はうちに来れば?」と話を向けてみたんですけど、彼女も安心した様子でうなずいてくれたんです。
一応彼女が必要だと思うような、日用品を買ってあげて、自分の家に行く事にしました。
家でリラックスして、色々と会話を楽しんだりして、夜のご飯は自分が作ってあげたりもしたんです。
その夜は、自然な流れで彼女と関係を楽しむことになれました。
本当に神待ちをお持ち帰りすることが出来てしまうなんて、まるで夢の様でした。
彼女とはそれ一度限りの関係でしたけど、大変に濃密な時間を楽しむことが出来てしまったんです。
神待ちを探すのが正直癖になってしまいました。