検索で発見した神待ち掲示板にいた、気になる女の子にメッセージを送信しました。
脅威を感じるほど早く、メールが返ってきたので何かと思ったのですが、それ女の子からではありません。
そのメールなんだけど、神待ちサイトという銘打つ出会い系サイトに登録が完了したと書かれていました。
その瞬間、家出中の困っている女の子たちは、神待ちサイトにいるはずだ!
そう思ってしまいました。
メール交換さえ始められたら、自宅に招きいれられる。
そこからエッチやり放題!
妄想が迸(ほとばし)りました。
しかも、積極的な女の子からメールが届きました。
やりとりをすることにしました。

 

 メールの送信や開封にお金が必要になっていました。
これ、ちょっとした初期投資だと、そういう気持ちでした。
SOS出している女の子ですから。
会うまでに時間が、かかるわけないのです。
メール開封250円、メール送信300円だったけれど、出費も少ないだろうと判断しました。

 

 メール交換は、想像よりもずっと長くすることになりました。
レスポンスは大変良く、頻繁なメール交換です。
何度も往復運動させました。
気が付くと、万札が数枚も飛んでしまっている状態。
そしてやっと連絡先交換へ発展。
しかし、連絡先を教えるにしても、3,000円の支払いが義務付けられていたのです。
仕方なく支払いをしたが、女の子が連絡が来ない。
すると運営から連絡が。
相手側がメールを削除してしまったため、再び入金が必要であるというです。
さすがに怪しいと感じるようになりました。

 

 学生時代からつき合いのある友人と、酒を飲んだ時に相談しました。
「それ、悪質なサクラサイトの鉄板のパターンじゃないか。メール相手は女の子じゃないぞ。サクラだ」
敢然と言い切られてしまいました。
相手の打ち子、男だった可能性もあると言われ、恐怖してしまいました。

 

定番サイト登録無料
神待ち募集サイトBEST5
本物の家出女子を探してセフレにしてみたい方は必見